カードローンの借り換えで審査甘いところは?

“カードローンの借り換えで審査甘い金融機関を探している人におすすめなのが、消費者金融です。
しかし、貸金業者で借りた場合には、総量規制がかかってしまうということがデメリットになるでしょう。
年収の3分1を超える貸付は受けられないという制限がかかります。
いくら審査が甘くても、希望する金額を借りられなければ意味がないと感じる人もいるでしょう。
また、金利は高めになってしまうため、そもそも借り換えをするメリットがあまりないということもあります。

クレジットカードのキャッシングを利用している人は、銀行カードローンに借り換えをすることがおすすめです。
最高でも金利は14.0%~15.0%になるので、ほとんどの場合にメリットが出るでしょう。
総量規制がかからないので、年収の3分の1を超える貸付を受けることができるというメリットもあります。
クレジットカードのショッピング枠についても、リボ払いや分割払いにしている場合には、借金として扱われます。
銀行カードローンなら、ショッピング枠のリボ払いや分割払いについても対象とすることができるので、まとめて整理をすることができます。
なるべく借金は1社にまとめて借りておいたほうが、返済の手間をはぶける上、信用も上がります。
また、限度額が上がるほど金利が低くなるというメリットもあります。

審査甘い会社に限定をすると、どうしても金利は高くなってしまう傾向があります。
なるべく自分の属性でギリギリ可決をされる会社で借りることが理想です。
年収が低い人でも、過去に延滞をしておらず、個人信用情報が良好な人ならば、金利が低いところで借りられる可能性があります。
大切なことは、年収が高いということではなく、安定して収入を得ており、自分の年収に応じて無理のない金額を借りるということです。
そして、返済の期日をしっかりと守って、延滞をせずに良好な利用実績を積んでいくということが、信用を上げるためのポイントとなるでしょう。

リボ払いのカードローンは借り換えて完済する

リボ払いとは正確にはリボルビング払いといい、返済方法の一つです。
毎月一定の金額で返済していけるので生活への圧迫を抑えることができるのが特徴です。
ただし、利用限度いっぱいまで利用していると返済期間が長期になる可能性があり、すると利息の負担が大きくなるデメリットもあります。
貸付事業は利息で利益を出す仕組みなので、長期にわたり利息を徴収できるリボルビング払いはローン会社にとってはおすすめしたい返済方法です。
そう考えると債務者にとっては必ずしもお得な方法ではないことになりますね。

もう一つの返済方法に一括払いがありますが、これは借りたお金を返済日に全て返してしまう方法です。
返済月の支払う負担は大きいですが、利息の負担は最小限に抑えることができるので結果として一番得な返済方法になります。

できれば一括返済が望ましいものの、元金によっては一括で返せるものではありません。
そうなるとやはりリボルビング払いしかないのが現状です。
そこで、対策としては追加融資をしないで1回ずつ完済する方法があります。
例えば5万円を借りたら5万円を完済するまで借りないというようにしていけば、返済計画も立てやすくなり、無駄にダラダラと返済し続けて利息が膨らんでいたなんて事態を避けることができます。

さて、もしも既にリボ払いの罠に陥ってしまっているという人は、金利の低いカードローンに借り換えるという方法がおすすめです。
長期返済になってしまっている以上、毎月の返済額をあげるか、低い金利の商品を利用するかしかありません。
銀行カードローンは消費者金融などの貸金業者に比べると利率が低く、同じリボ払いでも消費者金融より利息の負担を抑えることができます。
借り換えることができたら、追加融資は避け完済することだけを考えましょう。
また、ボーナス時など余裕がある時には出来るだけまとめて支払いをして、早めに元金を減らしていくことをおすすめします。

カードローンの借り換えでは返済実績が重要

カードローンの借り換えでは、それまでの返済実績が重要になります。
年収や勤続年数、勤務形態など、新規で借りた時と同じ項目ももちろんチェックされます。
しかし、半年〜1年程度しか経過していない場合には、年収などはそれほど大きくは変わっていないことのほうが多いでしょう。
5年以上経過している場合には、年収が大きく上がっていて有利になる可能性は高いです。

消費者金融から銀行カードローンに借り換えをする場合には、金利が大きく下がるので、大きなメリットが得られます。
しかし、その分審査も厳しくなります。
それまでの返済で一度も延滞をしていないことは、絶対条件となるでしょう。
たった1回の延滞があるだけなら、総合的な判断で可決される可能性もありますが、不利になることは間違いありません。
アルバイトから正社員になって、年収が200万円から400万円にアップしたというようなケースでは、延滞が1回あっても総合的な属性が上がっているので、可決される可能性もそれなりに高いでしょう。

一般的に、金利が低くなるほど、審査は厳しくなる傾向があります。
より良い条件のローンを組むためには、それまでの利用実績が良好であることが必要不可欠となります。
延滞はたった1回でも契約違反にあたります。
契約違反をしている人が、もっと良い条件でローンを組みたいなどと言ったら、常識を疑われてしまうかもしれません。
たった数日くらい返済で遅れても問題ないと考えている人は意外と多いですが、考え方を改めるべきでしょう。
たった数日の延滞でも、個人信用情報には記録がしっかりと残ります。

カードローンの借り換えでは、限度額も重要になります。
例えば、限度額100万円のうち、50万円だけを借りていたのであれば、銀行で50万円を借りるだけでも成功となります。
金額が増えるほど難易度は上がるので、なるべく借りすぎないように普段から注意をしておきましょう。
借入金額が少ないほど、利息も減らせます。

即日の借り換えの比較カードローンとおまとめローン

金利の高い借入やクレジットカードからのキャッシングから借り換えするには、銀行のカードローンと消費者金融のおまとめローンのどちらが得か考えてしまう方も多いと思われます。
平日であれば、即日の審査や借入に対応できる2つの会社から考えてみます。
プロミスのおまとめローンでは、ネット申し込みは不可ですが、店舗や契約機から申し込み手続きができます。
必要な書類は、本人確認のできる書類の他に、収入の証明書が必要となります。
最大で300万円までの融資が受けられ、その場で既存の借入の業者の支払いをしてもらえるため、確実に返済してもらえますし、他の用途に使うことも避けることができます。
借入利率は6.3%〜17.8%となり、最大限の限度額が認められれば非常に低金利に抑えることができますので、総支払額を抑えることができるでしょう。
楽天銀行のカードローンについても、借り換え目的の利用が認められ、おまとめローンとして使うことができます。
借入の用途は、個人的なものであれば問われないため、通常のカードローンの申し込みと同じ条件で借入できます。
利率は年1.9%〜14.5%、限度額は最大800万円の範囲内で借りることができるため、プロミスのおまとめローンと比べて、多額の借入ができますし、上限と下限の利率を見ても、楽天銀行の方が低く抑えられています。
まとめたい金額が多い方であれば、利率が抑えられる傾向にありますし、向いていると思われます。
必要な書類についても、自営業や会社の代表者でなく、300万までの希望額であれば、原則として本人確認の書類の提出だけで済むことがほとんどです。
書類の提出の手間が省けますので、用意する時間がない方でも大丈夫です。
インターネット申し込みができるので、出先からスマートフォンを使って申し込みもできるでしょう。
ただ、携帯電話の場合は、機種によって書類の提出が対応できない場合がありますので、注意してください。

主婦も利用でき借り換えに適したカードローンがあります

パートやアルバイトで働いている人や専業主婦は利用ができないとしている金融機関も実は多いのですが、その中で申し込むことができるものに新しく生まれた銀行のカードローンがあります。
これは平成27年の11月に使い勝手がさらによく改良された新商品でして、便利な要素が満載なものになっています。
利用対象は原則安定した収入があることですが、主婦の場合も夫の収入が安定継続していれば大丈夫です。
契約は1万円以上500万円までで一万円単位ですから必要な分を借りられます。
なお郵送で申し込みますと10万円か50万円かのどちらかのコースとなり金利も固定式です。
ではそのほかはどう申し込むかと言いますと、推奨されていますのがインターネットです。
この銀行ではそもそもインターネットバンキングに力を入れていまして、これを利用している人は新たにカードローンを申し込んでもその際に本人確認書類の提出が不要という特徴があります。
さらに平日18時までにその手続きが完了すればその日の当日中にその口座に振り込んでもらえます。
振り込みは24時間可能ですから、今日急に予定が決まって明日予想外の出費ができて困ったというような時にも対応されるわけですので、とても助かります。
またもしインターネットバンキングに加入していない人でも平日14時までにインターネット上で本人確認書類まで審査が終わりますと当日中に振り込みがされます。
それもこの銀行以外の口座でかまいません。
なおこういった手続きと並行してカードが郵送されますから、その後はATMでカードを使って利用できます。
ATMは利用料無料で使えます。
またこの商品は金利にも特徴がありまして、ほぼ100万円単位ずつで一つの利率になっていまして全部で五通りです。
このメリットは事前に返済のシミュレーションがしやすいことでして、例えば借り換えをした人は今まで借り入れしている分と比べてどうかといった比較の分析もやりやすいです。
口座引き落としで返済する場合に14日か27日のどちらかを選べるのも便利です。

カードローンで低金利に借り換えましょう

今まで必要に応じて様々なところでローンを組んできていませんか。
特に簡単に借りる事が出来るからと言って消費者金融で借り入れて、返済が終わらないうちにまた借り入れて、上限額を超えてしまったので他社に申し込んでまた借入することを繰り返して何社にも借入がある状況になってしまっている人が居ませんか。
この様に何社に分散して借金がある状態を多重債務と言いますが、この状況は利用者には不利な事が多いのです。
まず利率が高いのです。
これは借りている金額に応じて支払う金利の上限が決まるように法律でなっているために少ない金額で何社も利用していると利率が高くなってしまうのです。
これを一本化する事が出来れば自動的に金利を低くする事が出来るのです。
更におすすめなのは元々低金利な銀行カードローンで借り換えを行うことです。
銀行のカードローンは利用額が多くなればなるほどどんどん金利が安くなるような仕組みになっているので、ある程度まとまった金額の利用には最適です。
特に100万円前後をこえる金額からは大幅に金利が下がります。
また年収で自動的に借りることの出来る上限が決まる貸金業法の総量規制も関係ありませんので、借り換えであることをはっきり伝えて申し込めば収入の割りに大きな金額であっても今までの返済に問題が無ければ誰でも借り換えが出来ます。
カードローンであれば安ければ年利3%以下と言うことも十分可能です。
今までは年利18.00%と言うような高金利で利用していたのではないでしょうか。
本当に大幅に金利が下がり、月々の返済額が大幅に下がる事が間違い無いです。
そしてこれは返済が滞ったりする前に、余裕があるうちに申し込む事がおすすめです。
返済が難しくなってからでは審査が難しくなるからです。
また返済が厳しいので返済期間を長くするような風にすると結局のところ返済総額では返って多くなってしまうことも多いので出来る限り余裕のあるうちに一本化をすることをおすすめします。

カードローンを借り換えるメリットとは?

給料日前やボーナス前など手持ちのお金が少ないときに、急に予想もしない額のお金が必要になって困ったことがある方は、意外と多いのではないかと思います。
こんなピンチの状況で頼りになるのがカードローンやキャッシングです。
近年では、銀行系や消費者金融などのノンバンク系など、さまざまな系統のローン会社が存在しますが、どこのローンも基本的にはそう変わりません。
カードローンの利点は、申し込みから利用できるまでに要する時間が短くて済むこと。
その理由は、申し込み後に行われる審査スピードが速いことが挙げられます。
申し込んで最短30分ほどで結果がでますので、そのまま契約手続を進めれば、申し込んだその日のうちに借り入れを行うことができます。
また、コンビニなどに設置されているATMで、自分の銀行口座からお金をおろすような感じで借り入れができますので、急な出費に対してもすぐに対応できる点もメリットです。

ただし、このように大変使いやすいローンであるが故に、ついつい借りすぎてしまうということが往々にしてあります。
特に、あるローン会社への返済が滞りそうになったときに、他のローン会社から別に借り入れたお金を返済に充てる、という場合があります。
こうなると、複数の会社から借り入れてしまう状態となって、返済が行き詰まるおそれがあります。

このように返済が行き詰まりそうになったときに検討したいのが、ローンの借り換えです。
具体的には、別のローン会社から、現在の借入先よりも低い金利で借り入れることで、返済利息を減らし、月々の返済負担を抑えていくのです。
特に、最近では、複数のローン会社からの借り入れを、1社からのローンでまとめて借り換える、おまとめローンというものがあります。
このおまとめローンを利用すれば、借入先を一本化することができるため、1ヶ月に何度も返済を行う必要がなくなります。
こうすることで、返済計画が立てやすくなり、返済を忘れるということもなくなりますね。

カードローンの借り換えの方法と選び方

カードローンの借り換えの手続き・方法は、基本的には新規で借入をする時と変わりがありません。
しかし、金融機関にもよりますが、借り換え専用のローンというのは用意されていないケースも多いので、新規で借りる時よりは不利になってしまうと考えておくのが無難です。
例えば、とある会社で50万円を借りている場合ですと、別の会社でさらに追加で50万円の枠を契約して、そちらに借金を移すことになるので、一時的に2倍の借金を作ることになってしまいます。

公式ホームページの商品説明ページに「おまとめ・借り換え目的での利用も可」などと書かれている場合には、むしろ有利な判断がされることもあります。

一般的には、消費者金融からの借金や、クレジットカードのキャッシング枠などを金利の低い銀行カードローンへ移すというケースが多いです。
よい条件の良いカードローンを契約することになるので、審査は厳しくなる傾向があります。
少なくとも、それまでの返済で延滞をしていないことは条件となるでしょう。
その上、新規で借りた時よりも年収が上がっていることが望ましいです。
転職をして勤続年数がリセットされてしまったケースなどでは、むしろ属性が悪くなってしまっていることもあるので、注意が必要です。
転職をすることが決まったら、勤続年数がリセットされてしまう前に審査に申込みをすることを検討してみるのが良いでしょう。

金利が下がると借金の負担を減らすことができますが、その上「30日間無利息」や「2ヶ月間利息キャッシュバック」といったサービスを利用することができれば、さらに負担が減ります。
また、「住宅ローンを借りている」、「給料の振込口座に指定している」といった条件を満たすと、優遇された条件で借りられることがあります。
昔から取引を継続していて、すでに信用が築かれている場合には有利な条件で借りられる可能性が上がるので、まずは取引をしている銀行の商品を検討してみましょう。

カードローンを借り換える際のデメリットとは

カードローンを借り換える際には、金利が低くなる場合には利息負担が減少したり、複数の借入を一本化することでさらに毎月の返済額が減少したりというメリットがありますが、同時にデメリットも存在しています。
まず、消費者金融の商品を利用する際には、総量規制の適用がありますので年収の3分の1以上を借入することはできません。
従って、大きな額の融資は受けられない可能性が高く一本化できないケースが多くなります。
また、そもそも金利が高いために、一本化の契約ができたところで、金利がそれほど低く成らず毎月の返済額も大きく減少しない可能性もあります。
また、通常は、金利の高い複数の消費者金融などの借金を金利の低い銀行カードローンなどに借り換えますが、この場合には、利息負担も減少し、毎月の支払額も大きく減少することが多いのですが、何といっても最も重要な審査に通ることが難しくなります。
特に、ケースバイケースですが、4社以上となると難しくなります。
多重債務状態の人から考えると、複数の借金を一本化することで、物理的にも楽しなりますし、何より毎月の支払いが減って生活に余裕が出てくることになり、その余資金を繰り上げて支払うことで利息負担を大きく減少出来るというメリットがあるのですが、貸し手側からすると、多重債務者に大きな金額を融資するということは非常に貸し倒れリスクが高くなり、審査は厳しくせざるを得ないということになるのです。
また、借り換えカードローンは、目的別のローンではなく出し入れ自由の商品ですので、生活費や毎月の支払いのために枠が空くと新たに融資を受けてしまうこともできてしまいます。
従って、融資残高がなかなか減少せずに利息負担も減らないというデメリットもあります。
仮に契約できたとしても、余程のしっかりとした完済計画を作らなければなりません。
特に、すでに支払い能力以上の融資残高や毎月の支払いがあるケースでは、一本化したものの再度多重債務状態になる傾向が多くありますので、十分に注意が必要です。