カードローンの借り換えで審査甘いところは?

“カードローンの借り換えで審査甘い金融機関を探している人におすすめなのが、消費者金融です。
しかし、貸金業者で借りた場合には、総量規制がかかってしまうということがデメリットになるでしょう。
年収の3分1を超える貸付は受けられないという制限がかかります。
いくら審査が甘くても、希望する金額を借りられなければ意味がないと感じる人もいるでしょう。
また、金利は高めになってしまうため、そもそも借り換えをするメリットがあまりないということもあります。

クレジットカードのキャッシングを利用している人は、銀行カードローンに借り換えをすることがおすすめです。
最高でも金利は14.0%~15.0%になるので、ほとんどの場合にメリットが出るでしょう。
総量規制がかからないので、年収の3分の1を超える貸付を受けることができるというメリットもあります。
クレジットカードのショッピング枠についても、リボ払いや分割払いにしている場合には、借金として扱われます。
銀行カードローンなら、ショッピング枠のリボ払いや分割払いについても対象とすることができるので、まとめて整理をすることができます。
なるべく借金は1社にまとめて借りておいたほうが、返済の手間をはぶける上、信用も上がります。
また、限度額が上がるほど金利が低くなるというメリットもあります。

審査甘い会社に限定をすると、どうしても金利は高くなってしまう傾向があります。
なるべく自分の属性でギリギリ可決をされる会社で借りることが理想です。
年収が低い人でも、過去に延滞をしておらず、個人信用情報が良好な人ならば、金利が低いところで借りられる可能性があります。
大切なことは、年収が高いということではなく、安定して収入を得ており、自分の年収に応じて無理のない金額を借りるということです。
そして、返済の期日をしっかりと守って、延滞をせずに良好な利用実績を積んでいくということが、信用を上げるためのポイントとなるでしょう。