リボ払いのカードローンは借り換えて完済する

リボ払いとは正確にはリボルビング払いといい、返済方法の一つです。
毎月一定の金額で返済していけるので生活への圧迫を抑えることができるのが特徴です。
ただし、利用限度いっぱいまで利用していると返済期間が長期になる可能性があり、すると利息の負担が大きくなるデメリットもあります。
貸付事業は利息で利益を出す仕組みなので、長期にわたり利息を徴収できるリボルビング払いはローン会社にとってはおすすめしたい返済方法です。
そう考えると債務者にとっては必ずしもお得な方法ではないことになりますね。

もう一つの返済方法に一括払いがありますが、これは借りたお金を返済日に全て返してしまう方法です。
返済月の支払う負担は大きいですが、利息の負担は最小限に抑えることができるので結果として一番得な返済方法になります。

できれば一括返済が望ましいものの、元金によっては一括で返せるものではありません。
そうなるとやはりリボルビング払いしかないのが現状です。
そこで、対策としては追加融資をしないで1回ずつ完済する方法があります。
例えば5万円を借りたら5万円を完済するまで借りないというようにしていけば、返済計画も立てやすくなり、無駄にダラダラと返済し続けて利息が膨らんでいたなんて事態を避けることができます。

さて、もしも既にリボ払いの罠に陥ってしまっているという人は、金利の低いカードローンに借り換えるという方法がおすすめです。
長期返済になってしまっている以上、毎月の返済額をあげるか、低い金利の商品を利用するかしかありません。
銀行カードローンは消費者金融などの貸金業者に比べると利率が低く、同じリボ払いでも消費者金融より利息の負担を抑えることができます。
借り換えることができたら、追加融資は避け完済することだけを考えましょう。
また、ボーナス時など余裕がある時には出来るだけまとめて支払いをして、早めに元金を減らしていくことをおすすめします。