即日の借り換えの比較カードローンとおまとめローン

金利の高い借入やクレジットカードからのキャッシングから借り換えするには、銀行のカードローンと消費者金融のおまとめローンのどちらが得か考えてしまう方も多いと思われます。
平日であれば、即日の審査や借入に対応できる2つの会社から考えてみます。
プロミスのおまとめローンでは、ネット申し込みは不可ですが、店舗や契約機から申し込み手続きができます。
必要な書類は、本人確認のできる書類の他に、収入の証明書が必要となります。
最大で300万円までの融資が受けられ、その場で既存の借入の業者の支払いをしてもらえるため、確実に返済してもらえますし、他の用途に使うことも避けることができます。
借入利率は6.3%〜17.8%となり、最大限の限度額が認められれば非常に低金利に抑えることができますので、総支払額を抑えることができるでしょう。
楽天銀行のカードローンについても、借り換え目的の利用が認められ、おまとめローンとして使うことができます。
借入の用途は、個人的なものであれば問われないため、通常のカードローンの申し込みと同じ条件で借入できます。
利率は年1.9%〜14.5%、限度額は最大800万円の範囲内で借りることができるため、プロミスのおまとめローンと比べて、多額の借入ができますし、上限と下限の利率を見ても、楽天銀行の方が低く抑えられています。
まとめたい金額が多い方であれば、利率が抑えられる傾向にありますし、向いていると思われます。
必要な書類についても、自営業や会社の代表者でなく、300万までの希望額であれば、原則として本人確認の書類の提出だけで済むことがほとんどです。
書類の提出の手間が省けますので、用意する時間がない方でも大丈夫です。
インターネット申し込みができるので、出先からスマートフォンを使って申し込みもできるでしょう。
ただ、携帯電話の場合は、機種によって書類の提出が対応できない場合がありますので、注意してください。