カードローン借り換え成功のポイント

カードローンの活用方法のひとつに借り換えがあります。

いま借りている分をより低い金利のカードローンで借り直したり、複数借入を一本にまとめて借り直すことで、返済負担が減らせる可能性があります。

ここでは借り換えのメリットやデメリット、また利用時に注意したいポイントなどについてご説明します。

借り換えするメリットとは?

借り換えで得られるメリットは主に次のとおりです。

利息と返済総額の軽減

現在と同じ返済額のまま金利が低くなれば、支払利息は当然少なくなります。
その結果利息総額および最終的な返済総額も低くおさえることができます。

お金の管理がラクになる

複数のキャッシング会社から借入している場合、返済日がバラバラだったり毎月返済金を準備するのにも余計な手間がかかっているはずです。

もしそれが一社にまとめられれば、返済日や借入残高の把握も容易になり、お金の一括管理が可能になります。

借り換えするデメリットとは?

借り換えローンには同時に注意すべきデメリットもあります。

借り方によっては返済負担が増えることもある

借り換え時に融資額を上乗せしたり、月々の返済額を現在よりも低くしてしまうと、いくら低金利になっても借り換え前にくらべて借入残高が増大することがあります。

消費者金融では総量規制に注意

総量規制対象の消費者金融で借り換える場合、年収の1/3を超えてしまうと追加融資ができなくなります。

以後は返済のみとなるため借入残高を増やすおそれはなくなるものの、それまで繰り返し追加で借り入れることに慣れている人は不便に感じてしまいます。

借り換え先の比較ポイント

借り換えを検討する際には、上記で述べたデメリットを参考にしながら以下のポイントに注意して比較を行いましょう。

  • 借り換え時に上乗せ融資希望?
  • 借り換え後の月返済額は借り換え前と同じ?もしくは減らしたい?
  • 借り換え後も限度額の範囲内で追加融資希望?

借り換えは毎月の返済額を現状どおりか現状より多く設定することで、もっとも大きなメリットが得られるものです。

ただし現状は苦しいのでひとまず当面の負担を少しでも減らしたいという人は、月々の返済額をより低く調整できるようなところを検討するのがよいでしょう。

また上乗せ融資や追加融資の条件によって借入先の選択肢は変わってきます。
情報収集と同時に返済シミュレーションを活用して具体的な試算を行うことをおすすめします。

申込むローン会社に注意

カードローンの申込には収入の有無が関係してきます。
消費者金融は収入がない人は申込めないため、専業主婦はNG。
専業主婦でも借りれるカードローンは銀行カードローンのみです。
ただし配偶者に安定した収入がある事が条件となりますので、旦那の給料が月によって大きく上下する場合は安定した収入とはみなされません。

収入があれば消費者金融・銀行カードローンともに申込み可能です。